体脂肪率ダイエットは体重と体脂肪率を意識して!

ダイエット中に体重だけを意識しすぎるとリバウンドに苦労することになります。

体重以上に体脂肪率にも気を使いダイエットを行いましょう。

ダイエットは体重と体脂肪率も意識しましょう。

標準体重より20%体重が多いと「肥満」と言うそうですが、太っているかいないかは、見た目の印象で変わります。

「体重kg ÷ (身長m)2」をBMI(Body Mass Index)ボディマス指数(体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数)といいます。

身長対して、体重が多すぎるのか少ないのかを知る目安です。

肥満体型の人は明らかに体重が重いと思われがちですが、肥満は体重が重いだけではありません。

隠れ肥満という可能性もあり、隠れ肥満の定義は体重は正常ですが、体脂肪率が、男性で25%以上、女性で30%以上である状態を言います。

同じ位の身長、体重でも、肥満の方は体脂肪が多く、ぽっちゃりしていますが、全身にバランスよく筋肉がついていると、太めに見えても引き締まった筋肉が多いので、単純に肥満とは言えませんが、体重だけを見てしまうと標準体重より重いことはよくあります。

皮下脂肪は筋肉と違って、脂肪自体が下に引っぱられ、たるみが目立ちやすくなります。

脂肪が必要以上に付いていても現代人にはメリットはないのですが、トレーニングで筋肉量を多くいておくと基礎代謝も多くなりダイエットがしやすい体質になります。

体脂肪は、必要以上に蓄積されてしまうと、健康を害する可能性が高くなりますので、肥満は解消しておいたほうがいいでしょう。

ダイエット中は、体重の増減が中心になって、栄養のバランスの悪い食事になりがちですが、ダイエットで大切なのは体重減少だけでなく、体脂肪を減らすことと意識する必要があります。

肥満が気になる方は、生活習慣の改善が大切です。

摂取するカロリーと、消費するカロリーを比較した時に、体内に取り入れる摂取カロリーのほうが多いと、余ったカロリーか体脂肪になり、肥満の原因になります。

使うカロリーより、摂取カロリーのほうが多い食生活が続くと、体重は増える続けます。

肥満とは、体内で使われずに余った摂取エネルギーが体脂肪となって蓄えられた状態です。

炭水化物、たんぱく質、脂質は三大栄養素と呼ばれており、人間がエネルギーに変えらるものです。

これらの栄養素を比べてみると、脂質は炭水化物やたんぱく質の2倍以上のエネルギーをもっているのです。

脂肪の多い食事が多いと肥満になるのは当然ですが、脂肪の多い食事の量が少なくてもエネルギーは高いため、太りやすくなります。

カロリーオーバーの食事を割けるには、高脂質の食事メニューにならないようにすることです。

食事の量を減らすだけではなく、何をどれだけ減らし、何を食べるかを重視しましょう。

脂肪の多い肉や魚、揚げ物などは控えようにして、栄養バランスの取れた食事メニューにします。

基礎代謝を上げ、毎日の消費カロリーを増やすことも、肥満改善では大事です。

運動する習慣を身に付けて、運動不足を解消することができれば、消費エネルギー量が増加されて、体重を減らします。食習慣の改善と運動不足の解消を心がけることで体重減少をめざし、肥満の改善につとめましょう。

ダイエットの前に太ったの原因を知ることが大切

体脂肪を減らすため、ダイエットを始める前に、自分が太ってしまった主な理由を把握することは重要です。

肥満にはBMI(ボディマス指数)という定義があり、身長と体重以外に、肥満を決定する要素があります。

カラダを鍛えている人の中には、ずんぐりとした見た目でも、筋肉が多く脂肪が少ないこともあります。

身長に対して体重がそれほど多くなく、体型も細身な場合でも、体脂肪率が高くて隠れ肥満になることがあります。

肥満の原因は食事の質と量が大きく、体に必要な栄養を適切に摂り、特にビタミンやミネラルの摂取を意識して行っているかが重要になってきます。

たんぱく質やミネラルを十分に摂っておらず、炭水化物や、糖質などを摂り過ぎている人が肥満になっていく傾向が高くなっています。

日常の食事習慣をチェックし、カロリーの摂りすぎや、不足の原因を理解することが二万防止につながります。す。

どのような食事をとるべきかは、ダイエット専門家のアドバイスを受けることが一番でしょう。

食事の内容を徐々に替えていくことで、太りにくい食事を摂ることができるようになるでしょう。

体調を整えるためには、肥満を解消し、標準的な体重を維持することが大切ですので、肥満の原因をつかみ解消するようにしてください。