ダイエットとリバウンド・リバウンドをしないためのポイントは?

ダイエットにリバウンドは付き物ですが、できれば落とした体重は維持したいと誰でも思うでしょう。

ダイエット後のリバウンドを防ぐにはどうしたら良いのかのポイントをお教えします。

ダイエットで体重を落とす時に注意すべき点とは

短期間で体重を落とそうとするダイエットは、リバウンドの可能性が高くなります。

摂取カロリーより、消費カロリーが多ければ、ダイエットに成功します。

短期間でも食事をとらずにいれば体重がガクッと落ちます。

無理な我慢をして食事を少なくすることで体重を落とそうとするという人は少なくありません。

健康や精神面を考えれば、無理に食事を我慢するダイエットはおすすめできません。

人間の体は、日常生活を送るだけで栄養の補給が必要です。

通常の栄養素が摂取出来ないと、脳が今は「危機的状態」だと錯覚します。

栄養が不足しても生きていけるように、使うエネルギー基礎代謝を減らし、栄養素を脂肪に変えようとします。

無謀な食事制限を続けても、カラダはエネルギー消費を抑え、エネルギーを蓄えようと脂肪にしようとするため、体重が落ちにくくなります。

ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまうのは、この体の反応が原因で起きているのです。

食事制限をしてのダイエットは時間をかけてゆっくりと減量を目指しましょう。

食事は栄養バランスを考え、毎日の運動量を増やしカロリーの消費量が多くなるようにして下さい。

健康を害さない程度の食事制限や、無理なく運動を続ける事で、体重をコントロールすることが大切です。

ダイエットをして体重が減ったのにリバウンドをしてしまう理由

食事制限をメインにしたダイエットを行うと、不足したエネルギーを補うために、筋肉を分解しエネルギーとそて、カラダの維持をしてしまいます。

女性の場合は特に、筋肉が分解され、細身になってダイエットが成功したとも思われがちですが、ダイエットに重要な基礎代謝が低下します。

人間は、何もしなくとももエネルギーを消費します。これを基礎代謝といい、ダイエットでは重要なものです。

基礎代謝の高い体質になるとダイエットがしやすくなるのは、特別運動をしなくともエネルギーを消費出来るからです。

食事制限などで無理をして体重を落とすと、ダイエットに成功したように見えても、基礎代謝の低い体質になっていれば、少し食べ過ぎれば摂取したカロリーが余ってしまい皮下脂肪となり体重を増やしてしまいます。

食事で食べる量を我慢できれば、体重を落とすこと自体はそれほど難しいものではありませんが、無理な方法での減量ではリバウンドは避けられません。

残念ですが、ダイエット後のリバウンドを完全に抑えることは不可能なのだと思います。

リバウンドを甘く考えていると、ダイエットで落とした体重が元通りかそれ以上に増えてしまうこともあります。

努力を続けせっかく体重を落とせたのに、リバウンドするとダイエットで苦労したことが無駄なことになってしまします。

ダイエットをしようと決めたなら摂取カロリーを減らす、食事の量を減らす事を実行するのが一般的でしょう。

リバウンドは、食事制限をし過ぎて短期間に急激な体重減を行ったときに、起こりやすい症状です。

食べ過ぎないようにする程度の食事制限であれば、リバウンドが少ないダイエットができるでしょう。

ダイエットで減った体重を維持してリバウンドを防ぐためのポイント

食事制限や運動を続けダイエット効果で体重が落とせたのに、リバウンドでやっと落とした体重が戻ってしまうことがあります。

ダイエットのリバウンドをしないように、減らした体重を維持するにはどんな事が大切なのでしょう。

食事制限、極端な糖質カットダイエットなどで、カロリー制限をして体重を減らすと、リバウンドが起きやすくなりますので、体重が落ちた後も食事には気を使わなければなりません。

無理な食事制限をするとエネルギー不足が原因で、不足するエネルギーを補う為にまず筋肉が分解されます。

筋肉量が減少すると基礎代謝が落ちて、痩せにくい体質になってしまいます。

食事でカロリーを摂取すると、筋肉量の少ない身体ではカロリー消費量が少なく、余ってしまったカロリーは中性脂肪として身体に付いてしまいます。

基礎代謝が下がってしまったカラダに、ダイエット前と同じ食事をするとリバウンドしやすいのはこのような理由です。

基礎代謝の低い体になってしまったら、減った基礎代謝量に合わせてダイエット後の食事で摂取カロリーを抑えなくてはいけません。

食事制限はそれなりにして、運動やトレーニングを行うことで基礎代謝が下がらないようにしながらのダイエットが理想的です。

筋肉量を少なくしないためにはタンパク質の摂取が必要なのでバランスのよい食事をするようにしましょう。

筋トレは体の一部分だけを鍛えるのではなく、全身の大きな筋肉を鍛えるようにするとリバウンド防止の効果が高くなります。

ダイエット後の運動やトレーニングがエネルギーの代謝効率を上し、基礎代謝の高い身体を維持できますので、ダイエット後も減った体重を維持しやすくリバウンドも少なくできるのです。